痛みの種類② 辛い痛み

痛みは身体への警告で守るためにあるものと痛みの種類⓵で書きました。

痛みは人間に必要な感覚ですが、それが長引いたり緩和しないと人を苦しめるものです。

いわゆる神経系の異常による痛みで「神経障害性疼痛」と言われています。

国際疼痛学会では「体性感覚神経系の病変や疾患によって生じている疼痛」と定義されています。

……

なんのこっちゃって感じですよね。

「病変」とは神経に異常が起きていて状態で「疾患」とは脳梗塞、糖尿病、先天異常など神経に異常をきたす病気の事です。

神経には痛い、冷たいとか痒いなんて感覚を脳に届ける役割があります。

その感覚が鈍くなったり、逆に鋭くなったりすると痛い、しびれるという症状を呈します。

異常というのは神経がつぶれたり、傷ついたり、神経の通り道が悪くなったりと様々です。

坐骨神経痛なんかがそうですね。

もちろん急性期の時は警告を意味することもあるので鑑別が必要です。

難しいですよね…。

「神経障害性疼痛」の痛みの特徴を下記に書きます。

「ピリピリする痛み」

「しびれた様な痛み」

「感覚が低下、もしくは過敏になっている」

「痛い所が点ではなく線や面で痛い(ここが痛いではなく、この辺が痛い)」

「灼熱感」

帯状疱疹の後の痛みだったり、糖尿病による神経障害などが該当します。

気になる方はご相談ください。

 

 

 

さたけ接骨院

住所 〒239-0835
神奈川県横須賀市佐原3-6-17グランドゥール1-A
電話番号 046-874-7289
メールアドレス info@satake-sekkotsuin.com
営業時間 09:00-19:30
当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2a7m4VB