接骨院で骨盤を矯正する~骨盤の歪み~

骨盤が歪む原因としては、姿勢や生活習慣といわれています。

長時間のデスクワーク、猫背、重い物をよく持つ・・等々。

そうすると・・

肩が下がってる。右足が短くなっている。出っ尻になってる。お腹がポッコリ出てる。

猫背になる。これは骨盤が前後左右や捻られて歪んだ状態です。

前回骨盤の役割に「バランスをとる」という事を書きました。姿勢

前後左右に傾いたり、内外に捻ったりして身体の動きを円滑にしてくれいています。

つまり骨盤を歪ませることで人間はバランスをとっているのです。

歩いている時なんて歪みの連続です。

何だかよく分からなくなってきますね(;´Д`)

 

問題なのは歪んだ骨盤が元に戻らないことです。

例えば、図のようにだらっと座った姿勢・・

骨盤が後ろに傾むくことでこの姿勢が出来ます。背中を丸めて猫背にする時の

姿勢ですね。こうすることで背筋を伸ばす筋肉がだらっとし椅子に身を委ねる事が

出来ます。一見楽そうなのですが、それでも重力は身体にかかり続けています。

筋肉が使われないとしたらどこに負担がかかると思いますか?

そう!背骨にかかってきます。背骨は1つ1つの椎骨がつながって1本の背骨を作っています。

その椎骨の間には椎間板というクッションがあります。筋肉が使われないことで支えが悪くなり背骨に過度に負担をかけてしまうところが出てしまします。そうするとクッションに過度な負担がかかり痛みを生み出します。場合によっては椎間板ヘルニアや椎間板症などを発症することも。

筋肉にも不都合が起こります。全身の筋肉はそれぞれ協力しあったりしてバランスをとっています。しかし姿勢の環境で働きづらくなっている筋肉と

働き過ぎている筋肉が出てくると、上手く協力出来なくなってしまいます。そうすると筋肉の付き方にも影響が出てきます。

例えば肩や腰回りの筋肉が働き過ぎて、お腹の筋肉は働けなくなったりすると・・猫背やポッコリお腹に。

 

こうなったとしても骨盤が元に戻ってくれれば問題はないのですが、長時間また習慣的この姿勢でいると骨盤がこの形が当たり前になり、

筋肉も働きづらくなり元に戻すことが難しくなります。

ですから、骨盤を一定の動きに固めてしまう事がいけないのです。この状態が骨盤が一般に言う歪んだという事です。

かと言って、骨盤を真ん中にしっかり固定すれば良いという事ではありません。あらゆる動きに対応できるよう安定したものでなくては

いけないのです。家の免振構造みたいな感じです。

 

次回は骨盤の矯正についてを書いていきます。

 

 

さたけ接骨院

住所 〒239-0835
神奈川県横須賀市佐原3-6-17グランドゥール1-A
電話番号 046-874-7289
メールアドレス info@satake-sekkotsuin.com
営業時間 08:30-19:00
当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2a7m4VB