腰痛は大きく分けて2種類

2

腰痛は国民病

腰痛は「原因がハッキリしている」か「ハッキリしない」の2種類です。原因がハッキリしているのは全体の15%です(厚生労働省:腰痛対策より)という事は85%は原因がハッキリとしないという事です。また、84%の人が一生のうち腰痛を発症していると言われています(国民生活基礎調査より)

原因がハッキリしている腰痛

医師が診断する腰痛

医師が画像検査(レントゲン、MRI)や各種検査から診断したものは原因がハッキリしている腰痛です。というと「15%しか見つけられないのか」といった声もありますが、それだけ腰痛は難しいという事です。逆を言えば命に関わるような重篤なものはないという事なので、整形外科で問題ないよと言われる事は悪い事ではなく安心すべき事ですから、喜んでいい事なのですね。

Image-1 (2)

原因がハッキリしている腰痛

・感染(梅毒、カリエスなど)

発熱、急な痛みなど

・骨折(圧迫骨折、疲労骨折)

転んだ、いつの間にか骨折(骨粗鬆症)など

・ガン

激烈な痛み

・血管疾患

腹大動脈瘤、損傷など

・消化器疾患

胃腸や

・泌尿器科疾患

尿路結節、腎結節など

・婦人科系疾患

子宮筋腫、子宮内膜症など

・腰椎椎間板ヘルニア

足に走る痛み、しびれ

・腰椎脊柱管狭窄症

歩くと足が痛くて休むと楽になる(間欠性はこう)

原因がハッキリしない腰痛

腰痛には隠れた原因がある

原因がハッキリしない腰痛にも原因はあります。どういう事か?ハッキリ目に見える原因ではなく隠れた原因があるという事です。隠れているので、レントゲンには映らないのです。原因をあぶり出す必要があります。

原因がハッキリしない腰痛の原因

原因は3つ

1、腰を作っている部品(関節や筋肉)の問題

2、部品同士(関節や筋肉)が上手く連携をとれているか

3、腰にかかる負担環境

さたけ接骨院では腰を会社や家に例えて説明する事があります。今回は会社で。

1、社員一人一人(関節や筋肉など)に問題があり会社(腰)が上手く回らない。

2、社員同士のチームワーク(関節や筋肉の連携)が上手くいかなくて会社の経営(腰の機能)に影響が出る

3、会社を取り巻く環境(株価、天候、流行など)腰だと生活環境、労働環境、姿勢など

腰痛が難しく治りづらい理由

fullsizeoutput_9

人それぞれ原因が違い、治療法が違うから

上記を読んでいただくと原因が人それぞれ違うのはご理解いただけると思います。ですのでそこをしっかりあぶり出す必要があります。

さたけ接骨院の腰痛改善方法

原因のあぶり出し

最初は腰痛の原因をしっかり探ります。これをやらないと背術ができませんし、治るものも治りません。ただ、ここで全て探しません。なぜなら原因は一つではないという事と確証は持てないからです。目に見えないものなので確認をしながら進める必要があります。そうやってゴールに向かいます。

image-70

原因の共有

考えられる腰痛の原因を詳しく説明します。なぜなら、「どうして痛いのか?」より「だから痛いのか!」となった方が治りやすいからです。腰痛を治すためには患者様自身の協力が不可欠です。その為にもご自身の腰痛を知っていただき、私と共有したいと考えています。もちろん全てを理解してくださいという事ではありません。「へ〜」となっていただければ嬉しいですし十分です。

説明

腰の部品を調整する

腰を作っているのは骨、関節、軟骨、靭帯、筋肉、筋膜、神経など色々な部品で出来ています。検査をして問題を起こしている部品を調整します。もし家のドアが壊れたらドアノブなのかつなぎめなのか、錆びたのか色々探って修理しますよね。腰も同じです。

施術

腰の働きを良くする

腰の役割は上半身と下半身のコントロールです。まさに「要」ですね。人間の身体は立っているだけでも色々な筋肉が働いています。その筋肉が上手く動くように命令しているのが脳です。その脳の命令を運んでいるのが神経です。腰の働きを良くするにはいかに脳―神経―筋肉の連携を上手く出来るか!これが鍵になります。

写真は施術の1例でトムソンテクニックです。

矯正