ぶつけたり、何かがぶつかった

あざ
デッドボール

打撲です

ボールが当たった!膝をぶつけた!頭をぶつけた!

痛いですよね。誰もが経験しているこのケガが打撲です。ただ、ケガの度合いで打撲なのかそうでないかかが変わります。骨に傷が付いたらそれは骨折です。

例:頭をぶつけて頭蓋骨にヒビ。小指をタンスの角にぶつけて足の指の骨に傷が付く

ぶつけた衝撃で関節に負担がかかれば捻挫です。

つまり何かがぶつかったり、ぶつけたりして骨や関節以外を損傷した場合打撲となります。

打撲して損傷するもの

ぶつけてケガをしたもの

ボールが当たった!膝をぶつけた!頭をぶつけた!

痛いですよね。誰もが経験しているこのケガが打撲です。ただ、ケガの度合いで打撲なのかそうでないかかが変わります。骨に傷が付いたらそれは骨折です。

例:頭をぶつけて頭蓋骨にヒビ。小指をタンスの角にぶつけて足の指の骨に傷が付く

ぶつけた衝撃で関節に負担がかかれば捻挫です。

つまり何かがぶつかったり、ぶつけたりして骨や関節以外を損傷した場合打撲となります。

打撲したらどうなる?

青あざ
96617993ad518002d0b8f8e9ba34c33be3164c98
63dff98d42fe415677ac9f815c7a84c9_w

手足を打撲したら

軽症であれば痛いだけで特に腫れたりしません。中等度であれば、ぶつかった所の組織が壊れて腫れたり、あざが出来ます。どんどん腫れてきたり、じっとしていても痛い場合骨折を疑います。手当てはRICE処置をして下さい。詳しくは→RICE処置

頭を打撲したら

頭痛、吐き気、めまい、意識障害(呼びかけに応じない、もしくはおかしい)嘔吐などがあったら救急車を呼びましょう。意識がはっきりしていいるようであれば、頭を高くしてぶつけた所を冷やして下さい。後から症状が出る事もあるので、体調に注意してください。心配であれば病院を受診して下さい。

お腹や背中

息苦しい、血尿、吐き気などがあったら内臓を損傷した恐れがあります。背中やお腹を打撲してこんな症状があったらすぐに医療機関を受診しましょう。

肋骨や軟骨に傷が付いている場合も固定が必要です。判断がつかない場合はお気軽にご相談ください。

さたけ接骨院が行う打撲の処置~電気療法~

壊れた組織の修復を早くする

以前の電気療法はピリピリしていてどんな効果があるのか分からなかったのですが、最近は周波数や設定を変える事で色々な効果が期待できるようになりました。さたけ接骨院には壊れた組織の修復を早めてくれる機械があります。人間が感じない位の弱い電気で、近年スポーツ選手が多用している電気療法です。電気刺激が苦手な方でも安心して使えます。

MCR通電中

さたけ接骨院が行う打撲の処置(超音波画像検査装置)

エコー
IMG_1177

エコーを使って画像検査をします

中等度以上の打撲であったら、エコー(超音波画像観察機)を使う事でレントゲンでは映らない靭帯や筋肉などの損傷や微細な骨の損傷が分かります。更なる検査が必要であれば医療機関と連携し、患者様にとってのベストを提案致します。

さたけ接骨院が行う打撲の処置~圧迫固定~

必要であれば適切な圧迫・固定をします

血が出たらギュッとおさえますよね。打撲の場合も同じです。打撲した所は内出血しているのでどんどん出血します。同時に腫れてもくるので圧迫が必要です。これをやるかやらないか、その後の治りに大きく影響してきます。さたけ接骨院では包帯を使って適切に圧迫をかけます。伝統的な施術で接骨院ならではの処置です。

母指捻挫

さたけ接骨院が行う打撲の処置~手技~

IMG_1501 (2)

打撲の治りを早めます!

打撲をすると筋肉を傷めます。筋肉は1本1本繊維になっていてます。その繊維が乱れたままにしておくと瘢痕組織となり、元に戻らなくなります。そうすると古傷のようになり後々まで痛みが残ります。手技やストレッチ、運動療法を用いてしっかり治るよう施術をする事が大切です。