まさに「手の技」

筋肉をほぐす、筋膜を調整する、関節の動きを良くする、筋力強化などを目的とした施術です。簡単に言えば硬い所を柔らくして、緩い所を締めるます。接骨院の基本

手当て」です。 

肩、膝、足首など

関節の痛み

筋肉の痛み筋肉の凝り

筋膜の調整

筋力強化

ストレッチ

筋肉をほぐす

筋肉には血管や神経がたくさんあるおかげで身体を支えたり、動かしたりする事が出来ます。逆を言えば疲労により筋肉がうまく伸び縮み出来ないと血行不良が起こり、神経も過敏になり痛みとなります。筋肉を適切にほぐす事で血行がよくなり、痛みや動きの改善が出来ます。

IMG_1018
施術

筋膜の調整

筋肉は全身で600以上あり、その中や周りにある筋膜は筋肉同士や内臓の膜と連結し、身体を滑らかに動かし支えてくれ売るので「第2の骨格」と言われています。この筋膜が固まると身体は動きづらくなり、痛みやかばいを起こします。イメージとしては洋服のしわです。筋膜の調整はしわを無くし痛みや動きの改善が出来ます。

関節を動かす

関節は関節包内運動と関節包外運動があり、意識をして動かしているのは関節包外運動です。関節包内運動は関節の遊びやゆとりの動きでとても微妙な動きです。ですがこの動きが上手くいかないと正常な関節運動が出来ません。関節の可動域を改善するには必ず必要な施術です。

IMG_1501 (2)
IMG_1494400-300

筋力トレーニング

症状の原因が筋力低下であれば、運動が必要です。運動といっても重いものを持って頑張るのではなく、使いづらくなっている筋肉を使いやすくします。運動しているけど成果が出ないって事ありませんか。これにも理由があります。どうせやるなら効果があった方がいいですよね。さたけ接骨院では地味ですけど効果のある運動をしています。

著者

3

佐藤 賢司

保有資格

・柔道整復師

・応急手当普及員認定書(横須賀市消防局認定)

・健康マスター普及認定講師(日本健康生活推進協会)

略歴

日体柔整専門学校卒業

いしかわ整骨院で8年間修業をし、整形外科で知識を深め、接骨院の分院長を経験し、さたけ接骨院を開業

生年月日:1980/6/12

出身:秋田県

趣味:飲み食い、釣り

柔整免許
普及員
健康マスター