ギックリ腰とは

ギックリ腰400-300

ギックリ腰の定義

実は医学的にギックリ腰はこういう状態・・という定義はありません。原因としては重いもの持ってからとかガクッときたとかなど痛めた瞬間がありますが、中には徐々に痛みが出てくることもあります。ただ、ギックリ腰になりやすい人はいます。このなりやすい人の原因を探る事がギックリ腰を改善するスタートです。

ギックリ腰になったら

ギックリ腰は温めるの?冷やすの?

ギックリ腰をした時は炎症が起きています。ですので、温めるよりは冷やした方がいいです。体勢は痛い方を上にして横向きに寝るのがセオリーですが、ご自身が1番楽な体勢でいいです。そこから動ける範囲でいいので少しずつ動いてもらう方が良くなることが多いです。その際あれば、コルセットを使うといいでしょうね。

疑問だらけの子供

さたけ接骨院のギックリ腰改善施術⓵

ハイボルト
ギックリ腰400-300

ギックリ腰の痛みを軽減する

ギックリ腰で1番辛いのは「痛み」です。さたけ接骨院ではこの痛みを改善するためにハイボルト、立体動態波という医療機器を使って施術します。各電気の詳細は下記をクリックしてください。当院ではこの施術で10あった痛みが7に翌日には3といった実績もあります。

さたけ接骨院のギックリ腰改善施術⓶

痛みが減ってきたら

痛みがある程度軽減したら、少しずつ動かしていきます。痛くて動かなかった事で筋肉や関節が固まっています。動きやすくなるように動かす手技をしていきます。動きやすくなる頃にはギックリ腰の症状は治まっています。個人差と状態によって変わります、早くて1週間、長くて3週間です。

IMG_1494400-300

さたけ接骨院のギックリ腰改善施術⓷

A候補2400-300

ギックリ腰にならないようにする

ぎっくり腰はその方の生活習慣、身体の状態でなる確立が左右されます。つまりギックリ腰になるべくしてなっている原因があるという事です。ギックリ腰になって1年以内にまた痛める方は73%と言われています(シドニー大学コホート研究)さたけ接骨院ではこの再発率を下げる施術をしています。この施術をしてから2年半(R2/10月現在)で再発した方はいません。