横須賀を元気に!さたけ接骨院

引き続き鶏、豚、牛で共通する串焼きを紹介します。

 

今回は「ハツ」

 

ハツの詳しい説明は良かったら、以前の記事を読んでください。

http://satake-sekkotsuin.com/blog/735/

鶏のハツはビタミンや鉄分が多く含まれています。

 

鶏の心臓の周りは脂肪が多いようで、お店によってその脂肪を完全に取り除くか、少し残すか、全部取り除くか違うみたいです。

 

脂肪が残ればジューシーで濃厚になり、脂肪を取ればあっさりと赤身のうま味が感じられます。

 

豚のハツもビタミンB1、B2、タウリンがあり疲労回復にはもってこい。

 

鶏のハツより歯ごたえが良い感じです。

 

牛のハツには巡り合ったことがありません。

 

もしかしたら知らずに食べていたかもしれませんが、牛の心臓の近く大動脈の所で「コリコリ」は食べた記憶があります。

 

その名の通りコリコリした食感で食べやすいように切れ目を入れていて、お店の仕事が伝ってきます。

 

調べてみたら、こちらもビタミンB1とB2が豊富とのこと。

 

心臓は「心筋」と言われる、心臓だけの筋肉です。

 

心臓は生を受けてから動き続け休むことなく動き続けています。

 

まさに命の根源。

 

全部そうですが、命のいただいている感謝を忘れずに美味しくいただきます。

 

 

さたけ接骨院

住所 〒239-0835
神奈川県横須賀市佐原3-6-17グランドゥール1-A
電話番号 046-874-7289
メールアドレス info@satake-sekkotsuin.com
営業時間 09:00-19:30
当店Facebookはこちら
http://bit.ly/2a7m4VB